子育てに困るお母さんや保護者・不安な妊婦さんをサポートします!

6~7ヶ月健診では何をするの?

目次

6~7ヶ月健診はちょっと合間のイメージの定期健康診断で、面倒がって受診しない家庭も多いようです。
しかし生後半年を越えるとあかちゃんの成長にも幅が出てきたり、母子免疫が切れて病気になりやすくなったりと、変化がでてくるタイミングでもあります。

せっかくお医者さんなど専門家に話を聞けるチャンスですので是非受診しましょう。

  1. 6~7ヶ月健診の目的
  2. 6~7ヶ月健診の場所と費用
  3. 6~7ヶ月健診の持ち物
  4. 6~7ヶ月健診の検査項目
  5. お母さんからよくある質問

1.6~7ヶ月健診の目的

  • おすわりができるか?
  • 寝返りの体勢をとれるか?
  • 物をつかめるか?

6~7ヶ月健診では上の項目などから赤ちゃんの精神と体の成長発達を評価します。
これぐらいの時期になると赤ちゃんの成長の早さにも違いが出てきますので、上の項目ができなくても心配しなくて大丈夫です。

特に6~7ヶ月健診では、その動作が「できるできない」というよりも、その動作を取ろうとするときの「運動の様子」をお医者さんは見ています
焦って無理にやらせようとすると赤ちゃんが嫌がって逆効果になることもあるので心配しすぎないように。

また、生後6~7ヶ月になると人見知りが始まっている赤ちゃんもおられます。
人見知りで泣いて寝返りなどを取ろうとしないからといって心配はいりません。
医師を見て泣き出す赤ちゃんはむしろ順調に成長しているとも言えますし、泣いているときの動きや様子からも異常が無いかということを判断しています。

人見知りが始まっている赤ちゃんなら、上の3つの動作ができるかどうかはあらかじめ自宅でお母さんが見ておいて医師に伝えるのが良いでしょう。

2.6~7ヶ月健診の場所と費用

6~7ヶ月健診はほとんどの自治体で個別健診になり、かかりつけの医院などで受診することになります。
自治体によってはあまり6~7ヶ月健診に力を入れておらず、健診の通知が来ない地区も多いようです。
赤ちゃんの成長に不安があるのに健診を受け損ねたりすることのないよう、あらかじめかかりつけの医院に問い合わせておきましょう。

費用は約1,000円~3,000円です。
6~7ヶ月健診は1ヶ月健診と違って内容が各実施期間によって様々です。
行って欲しい検査などがあればこれもかかりつけの医院に相談しておくのが良いでしょう。

費用については1ヶ月健診と同様に「無料受診券(無料健診券)」が使える自治体もありますし、「乳幼児医療助成制度」を利用すれば費用の一部は戻ってきます。

3.6~7ヶ月健診の持ち物

  • 母子手帳
  • 診察券
  • 赤ちゃんの健康保険証
  • ミルク・哺乳瓶など授乳の道具
  • おもちゃ
  • 赤ちゃんの着替え
  • おむつ
  • 乳児健診の無料受診券(自治体による)
  • 乳幼児の医療証(自治体・所得による)

人見知りが始まっている赤ちゃんでは、泣いてしまって診察が出来ないことがあります。
そんなときのために赤ちゃんがお気に入りのおもちゃを持っていきましょう。
基本的な持ち物は1ヶ月健診のときと同じです。

4.6~7ヶ月健診の検査項目

  • 身長・体重・胸囲・頭囲の測定
  • 聴診(心臓・呼吸・お腹の音に異常が無いか?)
  • 触診(大泉門・小泉門に異常は無いか?臓器に腫れがないか?)
  • 視診
  • 斜視が無いか?
  • 首がすわっているか?
  • おすわりができるか?
  • うつぶせで首を持ち上げるか?(姿勢のチェック)
  • 寝返りをうとうとするか?
  • 周囲に興味を持つか?手を伸ばそうとするか?

上記の検査以外に指導として、

  • 離乳食の指導
  • 病気になったときの指導
  • ワクチンの接種状況の確認

を行います。
生後6ヶ月を越えると母子免疫が切れてきて赤ちゃんが病気にかかりやすくなってくるので病気になったときの指導を行う病院もあるようです。

首がすわった赤ちゃんは次におすわりと寝返りをしようとします。
おすわりと寝返りはまだできない赤ちゃんも多くいるので、「このまま成長すればきちんとできそうか?」を見ている、というのが正しいでしょう。
首がすわっていない赤ちゃんも少数ですがまだいます。
この場合は首が脱力してぐにゃぐにゃになっていないかをチェックします。
生まれた時ぐらいにぐにゃぐにゃのままなら、ひょっとすると何か異常があるのかもしれません。

「周囲に興味を持つか」というのは精神面の発達を、「手を伸ばそうとするか」というのは運動の発達を見ています。

  • 顔の上に布をかけると自分で払いのけようとするか
  • おもちゃの上に布をかけると手を伸ばして布をのけようとするか。
  • おもちゃを掴もうとするか

などを見て発達状態をチェックします。
ただしこれらは一例で、病院で緊張していたりすると興味を持たなかったり泣いてしまったりもあるので、できなかったからといって異常ということにはなりません。

5.お母さんからよくある質問

6~7ヶ月健診は受けないといけないの?

「絶対に受けなさい!」という健診ではありません。
しかしお母さんが気づかなかった病気や発達の異常が見つかったり、育児に対するアドバイスが貰えるチャンスだということも事実です。

もし6~7ヶ月健診を受けなかったら次の9~10ヶ月健診まで半年ぐらいお医者さんにみてもらう機会が無いことにもなります。
費用も高くても数千円ぐらいですし、かかりつけの医院でも受けられますので受診することをおすすめします。

関連記事

おすすめ記事

  1. 予防接種