子育てに困るお母さんや保護者・不安な妊婦さんをサポートします!

赤ちゃん・子どもの発熱について

目次

赤ちゃんといえば熱!というぐらい発熱というのは多い症状です。

でも、どんな発熱が危ないのか、熱が出ている時にどうすればいいのか、きちんと説明できますか?

  1. 赤ちゃんはなんで熱を出しやすいの?
  2. 熱が出たらどうする?
  3. 熱にそなえて準備しておくこと
  4. 薬(熱さまし)の使い方
  5. 病院に連れて行く必要があるとき
  6. よくある勘違い

赤ちゃんはなんで熱を出しやすいの?

母子免疫がなくなる?

赤ちゃんは月齢6ヶ月ごろになると、よく熱を出します。
それは、お母さんからもらってきた免疫(母子免疫と言います)が無くなって、赤ちゃん本人の免疫が発達するまで一時的に風邪などの病気にかかりやすくなってしまうからです。
この母子免疫は、赤ちゃんがまだ体の中にいる頃にへその緒を通じてお母さんからもらってくるのですが、それが尽きてくるということです。

赤ちゃんの自分の免疫力というのは勝手につくものではなく、自分の免疫力で細菌やウィルスと戦うことでだんだんと免疫力をつけていきます
ですから、熱を出すのは成長していく中で普通に起こることで慌てる必要はありません!
お母さんやお父さんが慌ててパニックになってしまっては、余計に大変なことになりますからね・・・。

そもそも熱が出るって何度のこと?

「熱が出た」というときには、普段の体温(平熱)との差を考えなければいけません。
37度の熱があるとしても、平熱が35度の赤ちゃんと36.5度の赤ちゃんとでは大きな違いがあります。
また、食後などでは一般的に体温は上がりますし、朝や夜では体温は下がります。

従って、お母さんは自分のお子さんの時間ごとの平熱をきちんと分かっておくようにしましょう。
平熱と言うときは、起床時・午前・午後・夜の四つの時間帯で体温が分かっていればベストです。

イメージとしては、平熱よりも1度以上差があったらアレ?と思えばいいでしょう。

熱が出たらどうする?

まず安静にして体温測定!

熱がでたらまず一番にすること。それは「安静」にすることです。
とりあえず慌てずに赤ちゃんを寝かせてあげてください。

そして冷静に赤ちゃんの体温を測って見ましょう。
ここで38度以上の高熱が急に出ていたら病院に連れて行きます。
(突然の38度以上の高熱の場合、インフルエンザや熱射病を疑います。)

お薬を使う?

熱以外に症状がなければ薬はとりあえず必要ありません。

ちょっと体温が高くても赤ちゃんが元気で笑っているなら、もしかすると病気ではなくて室温が高かったり服を着すぎていて体温が上がっているだけかもしれません。
赤ちゃんは体温の調節が大人より下手なので、少しの気温の変化にも大きく影響を受けてしまいます。

すぐに薬を使うのではなく、

  • 服を1枚脱がせて見る
  • 寒気がありそうなときには布団をきせて暖かくしてあげる

など赤ちゃんが適切な体温を取れるようにサポートしてあげます。

また、風邪のせいで熱が出ているとしても「熱が出る」というのは風邪をひいたときの正常な反応です。
無理に体温を薬で下げてしまうのは、風邪が治るのを遅らせ良くない場合もあります

水分は与えた方がいい?

水分は最初は必ずしも必要ありませんが、体を温める飲み物を飲ませても良いでしょう。
熱が上がりきって顔色が赤くなり、体が熱く汗をかいてきて暑がるようになったら、布団を薄くして手足を出し熱を外に逃がしてあげるようにしてあげましょう。

汗をふいてあげ下着を取り替え,嫌がらなければ蒸しタオルで体を拭いてあげると更に効果的です。
赤ちゃんが汗をかいたままにしておくと、寝冷えの原因になってしまいます。

赤ちゃんが汗をかいている場合、水分を「少しずつ」「何回も」に分けて飲ませます。
飲み物の種類は、赤ちゃん用イオン飲料・麦茶・湯冷ましなどが適しています。
水分補給をおろそかにすると脱水を起こしてしまうこともあるので、自分で水分を取れない月齢の時やぐったりしているときは注意しましょう。

氷枕なども赤ちゃんの体調が少し落ち着いてからは効果的です。
急激に赤ちゃんの体温を変化させるのは赤ちゃんの体に負担がかかるので注意しましょう。

熱にそなえて準備しておくこと

急に熱が出たとしても、それが深夜などの場合はすぐにはどうにもなりません。
例えば、病院にいったとしても結局は様子を見たり座薬を処方したりすることだけになります。(もちろん、他の症状がある場合は別です!)
赤ちゃんが熱を出したときに備えて、あらかじめ準備しておきましょう!

熱に備えて準備しておくもの

  • イオン飲料:水分補給用に経口補水液などのイオン飲料を用意しておきます。
  • 乳幼児用体温計:家族のものとは別に体温計を用意しておきましょう。風邪などで体力の下がった赤ちゃんは、大人が使った後の体温計から別の病気をもらってしまうこともあります!
  • 保冷剤:冷凍庫などで保冷剤を冷やしておき、発熱時に利用できるようにしておきましょう。タオルなどでくるんで氷枕や水枕にして使います。
  • 解熱剤(熱さまし):赤ちゃんの急な発熱対策です。下の項目に使い方を書いておきます。
  • かかりつけの病院(医院):いざという時に診てくれる病院を探しておきましょう。休日・夜間に発熱を起こす場合もあるので、その時間にかかることのできる病院を把握しておくことが大切です。

薬(熱さまし)の使い方

まず第一に、熱さましは「熱を下げる薬」であって、「病気を治す薬」ではありません!
では解熱剤は何のために使うのかというと、熱を下げてやることで、
高熱によるしんどさや症状を和らげ、楽に眠れたり水分をとれるようにするため」に使うのです。

熱さましを使う基準

  • 熱が高い(38度~)
  • 息づかいが荒く、つらそう
  • 食欲がなく水分もとれない

以上の基準を見ながら、病院に連れて行くかを判断しましょう。
熱が高かったとしても、赤ちゃんが元気なときや食事・水分を十分に取り、すやすやと寝ている時には薬は必要ありません!

熱さましの薬を使うのは熱が上がりきった時がベストです。
熱はずっと上がりっぱなしではなく、上がり下がりしますので、そのタイミングを見はからいながら看護することが大切です.
薬を使う場合、6時間に1回、1日3回までを目安に使います。
高熱が出ているからといって、大量に薬を使ってはいけません。

解熱剤には主に「飲み薬」と「座薬」がありますが、
基本的な作用は同じです。
一度に飲み薬と座薬の両方を使うことは良くありません。
飲み薬と座薬を比較すると、

飲み薬

  • 赤ちゃんが座薬を嫌がる場合
  • 下痢などで座薬を出してしまいそうな場合

座薬

  • 飲み薬よりすぐに効く
  • 小さな子どもなどで、飲み薬が無理な場合
  • 嘔吐していて、飲み薬を吐いてしまいそうな場合

といった使い方の違いがあります。
しんどそうな時や吐いてしまうときは座薬、少しの熱の時なら飲み薬、ということが多いですね。

病院に連れて行く必要があるとき

  • 生後3ヶ月未満の赤ちゃんで38℃以上の熱を出している
  • 高熱(38℃~)が続いている
  • 呼吸を苦しそうにしている
  • 強い腹痛や頭痛、嘔吐などの熱とは別の症状が見られる
  • ひきつけが5分以上継続したり、5分の間に何度も繰り返している
  • 意識がない、またはもうろうとしている
  • 元気が余りにも無い(動かない)。顔色が悪く、苦しんでいる

上のような基準をみたすときは病院に連れて行きます。
難しく考えるよりも、「普段と様子が違うぞ?」というときは病院に連れて行くと考えるのがよいでしょう。

熱が出ていても赤ちゃんが元気そうなら、免疫力をつけるためにも薬などはあまり使わず、赤ちゃんが自分の力で熱を治す手助けをするのがよいでしょう。

よくある勘違い

熱が下がったのですぐに学校に行かせた

上で述べたように、熱は上がったり下がったりをくりかえします。
すぐに学校に行かせると、学校でまた熱が出てしまうということはよくあります。
熱が下がったかどうかだけでなく、食欲や元気が戻ったかどうかを見て総合的に判断しましょう。

熱があるときには部屋をできるだけ暑くして、赤ちゃんに汗をかかせるようにする

おばあちゃんやおじいさんなどの世代の方がよくおっしゃられるのですが、
体温が十分に上がっているのに部屋を暑くしっぱなしにすると、体温の調節機能が弱い赤ちゃんの場合では体温が上がりすぎてしまう場合があり、危険です。
あくまで、赤ちゃんの体温を適切に保つために、あたためたり冷やしたりしているのだということを覚えておきましょう。

風邪を引いたときには部屋を閉めきって、外の風をあてない

おそらく、部屋の外にはウィルスがいっぱいいるから、などの理由で言われているのだと思います。
しかし赤ちゃんが風邪にかかっているのですから、実際には部屋の中はウイルスが充満しています。
むしろ部屋は閉めきらずに定期的に空気を入れ替え、部屋の外の新鮮なな空気を取り入れるようにしましょう。

もちろん部屋の温度は赤ちゃんの体温に合わせて調節します。
寒い時期に換気をすると湿度が下がりがちなので、加湿器を置くなど乾燥には注意しましょう。

熱が下がった後でもしばらくはお風呂に入れてはいけない

微熱ぐらいまで熱が下がってしまえば、お風呂に入れてはいけない理由はありません。
むしろ、積極的にお風呂にいれてもいいぐらいです。
熱が下がって元気が出てきたら、少しぬるめのお風呂に入れてあげましょう。

赤ちゃんは「知恵熱」を出すものなので心配ない

「知恵熱」という言葉はよく耳にしますが、医学的には実際には存在しません。
おそらく、赤ちゃんが知恵をつけていく時期と病気にかかりやすい時期が同じなのでこのような名前がついたのかなと思います。

風邪で高い熱がでると頭をやられる

普通の風邪で熱が高くなったからといって脳がやられるということはありません。

「脳がやられる病気の中には高熱が出るものもある」というのが正しいですね。
例えば髄膜炎などでは高熱を伴い、放置すると脳障害が残ります。
このような病気の時は普通の風邪のような発熱ではなく、赤ちゃんがぐったりしたり、「急に」発熱します。
「普通の風邪じゃないのかな?」と思ったら病院に連れて行きましょう。

関連記事

おすすめ記事

  1. 予防接種