子育てに困るお母さんや保護者・不安な妊婦さんをサポートします!

お食い初め(おくいぞめ)とは?お食い初めのやり方

目次

お食い初め(おくいぞめ)はお祝い事の一つで、
赤ちゃんが一生食べ物に困らず、健やかに育つようにお祈りする行事です。

  1. お食い初めとは~お食い初めの由来
  2. お食い初めの時期
  3. お食い初めのやり方
  4. 祝い膳の献立と食器
  5. お食い初めの仕出し

1.お食い初め(おくいぞめ)とは

お食い初め
お食い初めは、子供が一生食べ物に困らないよう、これから健やかに成長するようにお祈りする行事です。
生後100日頃に乳歯が生え始めるのでこの時期に合わせて行う地方が多いようです。

お食い初めは日本で古くから行われていたそうで、平安時代からとも言われています。
地方によってお食い初めの呼び名には違いがあり、

  • 初めて魚を食べさせるということで「真魚(まな)始め」
  • 初めて箸を使うので「箸揃え」「箸祝い」
  • 時期が生後100日前後であることから「百日(ももか)の祝い」「歯がため」

と呼ぶ地方もあります。
赤ちゃんが食べ物に困らず健康に育つようお祈りする

2.お食い初めの時期

お食い初めは生後100日に合わせて行う地方が多いですが、住んでいる地域によっては生後110日目や120日目などに行うこともあります。
必ずこの日でないといけない!ということはありませんので、赤ちゃんの体調や予定に合わせてお食い初めをしてもよいでしょう。

生後100日目より後にお食い初めを行う地方では、お食い初めをする時期を延ばせば食い延ばし(=長生き)ができると考えられ、少し遅めに行うことが定着したようです。

3.お食い初めのやり方

お食い初めの作法

お食い初めでは一汁三菜の「祝い膳」を用意して赤ちゃんに食べさせます。
食べさせるといっても生後100日頃ではまだ離乳食が始まっていませんので、食べるまねをさせるだけにしておきます。
誰が食べるまねをさせるかは決まりがあり、親族でお食い初めに同席している中で一番長寿の人がひざに赤ちゃんを抱いて食べるまねをさせます。
まだ胃や腸ができあがっていないので無理に食べさせてはいけません!
お食い初めで用意した食事は集まった人で食べてしまいましょう。

お食い初めの祝い膳の内容や、使う食器、食べまねの順番についても正式な決まりがあります。
これらについては4.祝い膳の献立と食器で解説します。

服装については特に決まりはありません。
お祝い事ということでベビードレスなどを着せてあげてもよいでしょう。

祝い膳を用意して親族で一番長寿の人が食べる真似をさせる
献立と食器、食べるまねのさせ方には決まりがある

お食い初めには誰かを招待する?

お食い初めは比較的小規模に行う場合が多く、両親と赤ちゃんだけということもあります。
昔は親戚や知人などを招いていましたが最近では両親や祖父母などで行なわれることが多いですね。
近くに両親が住んでいたり同居している場合は招待する、という形で良いのではないでしょうか。

お食い初めは身内だけでも大丈夫

4.祝い膳の献立と食器

祝い膳の献立

祝い膳では一汁三菜といって、ご飯を一品・汁物を一品・おかずを三品の合計5品用意します。
略式の場合は離乳食を用意する場合もありますが、正式にはこの一汁三菜です。
この献立のそれぞれについて「何を用意するか」と「どんな器に入れるか」が決まっています。

  • 鯛皿:鯛などの尾頭付きの焼き魚
  • つぼ椀:酢のもの・香のもの
  • 煮物椀:煮物
  • 汁椀:すまし汁(鯛、鯉などの実)
  • 飯椀:赤飯

で一汁三菜になります。
合わせて、赤ちゃんの歯が丈夫になるよう歯固めの石を添えたり、しわができるまで長生きするように梅干しを盛り付ける地方もあります。
この歯固め石や梅干は上の食器とは別に高杯に盛り付けます。

歯固め石は氏神様がまつられている神社(地元の神社)の境内の、人が歩かないところの小石を取ってきます。
お食い初めがが終わったら再び境内へ戻します。

お食い初めの食事の順番

祝い膳の準備が整ったら、
1.飯椀→2.汁椀→1.飯椀3.鯛皿1.飯椀→2.汁椀→1.飯椀4.煮物椀
1.飯椀→2.汁椀→1.飯椀5.つぼ椀1.飯椀→2.汁椀→1.飯椀6.歯固め石・梅干
の順に食べさせる真似をします。

飯椀→汁椀→飯椀→次のお皿 というのが1セットと考えましょう。
歯固め石はもちろん食べられませんので、箸で歯固め石に触れてから、赤ちゃんの歯ぐきにそっと箸を当てるのが作法です。
歯固め石・梅干の高台を用意していない場合は省略して構いません。

お食い初めの食べまねは順番がある

祝い膳の漆器について

祝い膳の食器については決まりがありますが、最近では離乳用の食器で代用する場合も多いようです。

食器は漆器を使うのが正式で、
・男の赤ちゃんは嫁ぎ先の家紋を入れた内外両側が朱塗り(赤色)の漆器
・女の赤ちゃんは外側が黒塗り、内側が朱塗りの漆器
を用います。
正式には祝い用のお膳は母方の実家から贈られ、嫁ぎ先の家紋を入れることとなっています。
簡易な食器なら2,000円~、きちんとした漆器のものなら10,000円~ぐらいを目安にすればよいでしょう。

アイプラス 祝膳 総朱 松竹梅 男の子用 【お得】(1セット)

新品価格
¥3,667から

またお箸(おはし)は柳の白木で柳箸(やなぎばし)のものを用います。
柳箸とはお箸の両側が細くなっているもので、人間が食べる時に使う側・神様が食べる時に使う側、と考えて両側が細くなっています。
深く考えなくても、お祝い用として売っているお箸は大体この柳箸の形になっています。

【お正月・お祝い事に】祝箸 友禅水引 3膳

新品価格
¥471から

5.お食い初めの仕出し

祝い膳を作ったり漆器をそろえる余裕が無ければ、仕出し屋さんに頼むのも良いでしょう。
まずは「お祝いをしよう!」ということが重要です。
予算は仕出しの場合、鯛皿があるものでは5,000円~15,000円ぐらい、無ければ2,500円~ぐらいになります。

関連記事

おすすめ記事

  1. 予防接種