子育てに困るお母さんや保護者・不安な妊婦さんをサポートします!

お宮参り・初宮参り

目次

初宮参り(お宮参り)は赤ちゃんが無事に生後1ヶ月を迎えた節目となるお祝いです。

お宮参りでは赤ちゃんの服装で悩むお母さんが多いのではないでしょうか?
このページでは作法や服装などをまとめてみました。

  1. 初宮参りとは~初宮参りの由来
  2. お宮参りの時期と場所
  3. お宮参りのやり方
  4. お宮参りの服装

1.初宮参りとは

初宮参りは生後1ヶ月を迎えられたお祝い

初宮参り(お宮参り)とは住んでいる土地の守り神である産土神(うぶすながみ)に、
赤ちゃんの誕生を報告し、生誕1ヶ月目を迎えたことを感謝して報告する行事です。
また、あわせてこれからの健やかな成長も産土神様にお祈りします。

単に「お宮参り」と言った時は、普通はこの初宮参りのことを指す場合がほとんどです。

2.お宮参りの時期と場所

お宮参りは一般的に

  • 男の子は生後31日か32日
  • 女の子は生後32日か33日

に行います。
この時期は地域によってそれぞれで、現在では日にこだわらない地域も多いですので、お宮参りはおよそ生後1ヶ月ごろと考えておけばよいでしょう。
基本的に赤ちゃんの体調が良いときで問題ありません。
お宮参りは生後1ヶ月ごろ

お宮参りでは、産まれた地域や住んでいる地域の産土神がまつられている神社にお参りします
産土神とはその土地の守り神のことで、生まれた土地の産土神は引っ越した先でもずっと産まれた子どもを守護してくれるとされています。

産まれた地域か住んでいる地域の神社にお参りに行く

現在では「産まれた土地」「住んでいる土地」という感覚は無くなってきていますし、必ずしも地元の神社に行かなければならないというわけではありません。
けれども今お住みの地域での交流を深めるきっかけにもなりますので、できれば地元の神社と交流を持つことをおすすめします。

3.お宮参りのやり方

正式なお宮参りでは、赤ちゃんの両親に加えて父方の祖母も付き添ってお参りするとされています。
お宮参りのときには赤ちゃんには初着(うぶぎ・産着)とその上に祝い着を、両親の服装も正装が正式です。
服装については次の「お宮参りの服装」の項を参考にしてください。

両親と父方の祖母でお参りするのが正式
服装にも決まりがある

赤ちゃんは父方の母親が抱いてお参りする

お宮参りの正式な作法では、父方の祖母が赤ちゃんを抱いて参拝します。
この作法は「お産がけがれたもの」とされていた頃の名残で、お母さんはまだ忌明け(きあけ)が済んでいないので代わりに祖母が抱くこととされているのです。
(※なお、このお宮参りがお母さんのお産の忌明けになるとされています。)

ただ、現代ではお宮参りのしきたりや作法も簡略化されてきていますので、父方の祖母の都合が悪ければお母さんやお父さんが抱いていても特に問題はありません。

父方の祖母が抱くという作法にこだわり過ぎなくてもOK

神社では何をする?

神社では御祓い(おはらい)をうけて、祝詞(のりと)をあげてもらいます。
この御祓いも、出産がけがれとされた時代のなごりですね。
現在ではもちろん出産がけがれなどとはされていませんが、その作法だけが残っているというわけです。
祝詞というのは神様に奉ることばのことで、これから赤ちゃんが健やかに育ちますようにというお祈りになります。

御祓いをして祝詞を上げてもらう場合は神社に予約することが必要になります。
この時に渡すお金を初穂料といい、相場は3,000円~10,000円ぐらいです。
ちなみに「初穂」とは初めて収穫されたお米のことで、神様に初穂を供えて豊作を祈ったことが由来になっています。

余裕が無ければ神社に行っておさい銭を入れるだけでも十分ですが、一生に一回の機会ですので余裕があれば御祓いを受けて祝詞を上げてもらうのをおすすめします。
神社で、御祓いを受けて祝詞をあげてもらう
初穂料の相場は5,000円ぐらい

お宮参りの後~あいさつ周り

お宮参りの後は、近くの親戚やご近所にあいさつをして回る地域もあります。
あいさつと赤ちゃんのお披露目をかねて自宅に親戚を招くご家庭もあるようですね。

あいさつ周りについてはかなり地域差がありますので、自分の両親に私の時はどうしたか聞いてみるのもいいかもしれませんね。

4.お宮参りの服装

お宮参りの服装には、男の赤ちゃん・女の赤ちゃん・付き添う両親と祖母のそれぞれで決まりがあります。
現在では完全に正式の服装でお参りする人は減っていますし、予算的な都合もあります。
ですので、解説する「正式な服装」をどこまで守るかはご家庭で判断してもらえればと思います。

赤ちゃんの服装

お宮参りの時は赤ちゃんに華やかな「産着(初着)」を着せるのが正式です。
産着は祝い着と呼ばれることもあります。
この産着の下に着るのは白羽二重の内着が正式とされていました。
白羽二重とは白い絹で織り上げた生地のことで純白の産着ですが、非常に高価ですので現在では普通の肌着で代用することがほとんどです。

産着は購入すると40,000円~、レンタルすると6,000円~12,000円が目安です。
産着というとお宮参りでしか着る機会が無いというイメージがありますが、産着は「宮上げ」と言って5,000円~15,000円ぐらいで仕立て直して七五三の衣装として使うことができます。
購入したお店で仕立て直しができないようなら呉服屋に持っていけばやってくれます。
レンタルの方が安いのは事実ですが、良い柄の生地をお直しして子どもの間ずっと使えるということで、購入するのも視野に入れてもいいかもしれませんね。

産着の衣装はお直しして七五三でも使える

産着の生地は無地のものと柄が入ったもの、染め方には「型友禅」や「手書き友禅」などがあります。
どれもその生地に刺繍や絵柄が入って華やかに仕立ててありますね。

赤ちゃんはまだ生後1ヶ月ですので、きちんと着付けるのが難しければ布やガーゼの長襦袢(ながじゅばん)を着せて、その上に産着をかけるだけのこともあります。

男の子の産着は紺や黄色の生地を使い、鷹や鶴などのおめでたい柄・武士や兜などの勇ましい柄が一般的です。
「熨斗目模様」といって、袖と身ごろの部分の柄が横一直線につながった模様は5歳のときの七五三で正式とされている模様ですので、仕立て直しをする場合はその柄を選ぶのもよいでしょう。
さらに両胸の2ヶ所・背中の1ヶ所・両袖の裏側の2ヶ所、合わせて5ヶ所に家紋を紋入れします。
レンタルの場合は貼りつけ紋といってシールのような家紋を貼り付けます。

女の子の産着では花柄や手まりなど、男の子よりさらに華やかな柄のものが多くあります。
「こんな柄でないといけない」ということはありませんので、好みで選んでよいでしょう。
もし産着を仕立て直して七五三でも使う予定があれば、少し大きくなってからでも使えるような柄がいいですね。
なお、女の子の産着には家紋は入れません。

男の子の産着には5ヶ所に家紋を入れる

仕立て直しを考えて柄を選ぶ

もし産着にお金や時間をかける余裕がなければ、略式としてベビードレス・セレモニードレスを着せてお宮参りに行くこともあります。
やはりお祝い事ですので、普通の私服で行くよりはお祝いの服を着せてあげましょう。

春秋物素材 お宮参りセレモニー用ベビードレス お帽子付き2点セット(31523)

新品価格
¥3,780から

ベビードレスは3,000円~6,000円ぐらいが相場で、赤ちゃんのお披露目や他のお祝い事のときにも使うことができます。
抱いている時はベビードレスの上からケープをかぶせると一気に雰囲気が出ますよ。

産着が無ければベビードレスを着せ、ケーブをかぶせる。

両親と祖母の服装

両親と祖母の服装はまず赤ちゃんの服装とバランスが取れているかを考えましょう。
お宮参りの主役はあくまで赤ちゃんなのです。

例えば、赤ちゃんが普通の私服なのに両親と祖母が紋付の礼装だと、ちょっとちぐはぐな感じがしてしまいますよね。
赤ちゃんが産着を着ているときは着物や袴(はかま)などの和服、
ベビードレスならスーツやワンピースでも構わないと思います。
なお、着物の「格」は色留袖→訪問着→色無地の順とされていますので、こだわる方は呉服屋さんで相談してみましょう。

お宮参りで祝詞を上げてもらったりすると思ったより時間がかかることがあります。
正装の場合は授乳することは難しいですので、あらかじめミルクを持っていきましょう。

赤ちゃんの服装とのバランスを考える

関連記事

おすすめ記事

  1. 予防接種