子育てに困るお母さんや保護者・不安な妊婦さんをサポートします!

お七夜~命名の儀式

目次

お七夜は赤ちゃんが産まれてから7日目に行うお祝いの行事です。
一番最初のお祝い事ですが、知っていたでしょうか?

お祝い事は必ずしなければいけないというものではありませんが、
子どもが大きくなってから振り返ると、赤ちゃんの頃のの良い思い出にもなりますよ。

  1. お七夜とは~お七夜の由来
  2. お七夜のお祝いのやり方
  3. 命名書の書き方
  4. お七夜に招待するお客さん
  5. 自分がお七夜に招待されたら

1.お七夜とは~お七夜の由来

お七夜は誕生から7日目の夜に赤ちゃんの健やかな成長を願って行う行事です。

元々は生まれた子の名前を披露して「社会の一員になりましたよ」ということを認めてもらう儀式でした。

現在は身内で赤ちゃんの名前をつけることが多いですが、昔は親族一同が集まって相談して名前を決める習慣だったんです。
赤ちゃんに名前をつけて、みんなを招待することで村の一員として認めてもらっていました。
その頃の名残として、現在でもお七夜には親戚一同を招待する地方や、お七夜のことを「名づけ祝い」と呼んでいる地域もあります。

また、昔は生後すぐに亡くなってしまう赤ちゃんが多かったため、生後7日まで無事に育ったことをお祝いする意味合いもあったとされています。

なお法律として赤ちゃんに命名をして申請しなければいけない期限は出生後14日以内となっていますので、忘れないようにしましょう。

2.お七夜のお祝いのやり方

現在ではお七夜のタイミングと出産してから退院するタイミングが近いため、退院祝いを兼ねてお祝いしたり、入院期間が延びてしまったら退院に合わせてお祝いすることも多いようです。

お七夜の内容は

  • 命名した名前の披露(命名式)
  • 祝い膳で会食

の二つです。

命名した名前は命名書に書いて、家の床の間や神棚に飾るのが正式です。
ただし現在では床の間や神棚が無い家も多いですので、その場合は玄関か寝室に飾っておられる家庭が多いようです。
命名書を飾る期間はお宮参りまで(生後1ヶ月まで)という地方と、飾ってから21日間で床上げするという地方があります。
床上げというのは、飾っている命名書をはずしてへその緒と一緒にに神棚や仏壇の引き出し、無い場合はタンスの引き出しに納めることです。
お宮参りまで飾っていた場合でも引き出しに納めておくのがよいでしょう。
納めておいた命名書は子どもが成人した時に渡すこととされています。

命名書を書くのはお父さんでもお母さんでも、はたまた両親でも構いません。
書いてくれる業者もありますし、市販で命名書も売っているので自分達で書いてもよいでしょう。

[萌舟] 毛筆代書付き命名書 A4サイズ 松竹梅

祝い膳では、

  • 赤飯
  • 尾頭付きの鯛
  • 魚の刺身

などの祝膳を家族とお客さんとで食べます。
魚では成長するにつれて名前が変わる、ブリ・スズキ・ボラなどの「出世魚」がよく使われます。
お七夜の祝い膳はお母さんの体調が悪ければお寿司屋さんや仕出屋さんに頼むのも良いでしょう。
赤ちゃんは生後7日ですしお母さんも退院直後になりますので、別室で休んでいることは失礼にはあたりません。

3.命名書の書き方

命名書の書き方には略式と正式のものがあります。
もちろん正式の方が正しいものですが、出産直後ということもありますので余裕が無ければ略式のものでもよいでしょう。
あくまでお祝いの儀式ですので気持ちが大切です。

略式の命名書の書き方

命名書略式
略式の命名書は、市販の命名書用紙か半紙に毛筆で書きます。
毛筆が難しければ筆ペンなどでも構いません。

略式の命名書では、右から順に

  1. 親の名前と間柄(父を書くことが多い)
  2. 「命名」と赤ちゃんの名前
  3. 生年月日

を書きます。
うまれた年は、和暦(平成~)で書くのが普通です。

正式な命名書の書き方

正式な命名書

正式な作法では奉書紙を使って命名書を書きます
奉書紙は名前を書く用と上包み用で2枚必要になり、1枚数十円ぐらいで文房具屋さんで売っています。

奉書紙の使い方

  1. 奉書紙を横向き二つ折りにします。
  2. 縦に3等分に折り目をつけ、左右から折りたためるようします。
  3. 右側に「父親の氏名・続き柄(長男など)」を書きます。
  4. 中央に「命名」「赤ちゃんの名前」を書きます。
  5. 左側の「生年月日」「命名式の日付」「両親の名前」「名付け親の名前」を書きます。
  6. 左側(3)を中央(2)の上に折りたたみます。
  7. 右側(1)をさらにその上に折りたたみます。
  8. 上包みの中に入れます。

他に名付け親がいない場合は両親の名前だけで構いません。
上包みの折り方は奉書紙に一緒に書いてあると思います。
上包みの一番表のところには「命名」と書いておきましょう。
命名書上包み

4.お七夜に招待するお客さん

お七夜で招待すべきとされている人は地方によって様々ですが、基本的には近しい人を招待します。
まだお母さんの体調も回復しきっていませんので、本人達だけや兄弟姉妹ぐらいの身内でやってしまうのも問題ありません。

ただし、誰かに赤ちゃんの命名を頼んだ場合はその方は招待します。
名付け親にはちょっとしたお菓子などの御礼をするとよいでしょう。

5.自分がお七夜に招待されたら

もしお七夜に招待されたら、気持ちとして手土産を持っていきましょう。
手土産の内容はお茶菓子やちょっとした赤ちゃん用のグッズなどで問題ありません。

出産祝いを渡していなかったとしたらお七夜の際に持っていっても良いですが、他に出産祝いをすでに渡した人もいるかもしれません。
ですので他の人も来ているようでしたら出産祝いは少し隠れて渡すようにしましょう。

関連記事

おすすめ記事

  1. 予防接種