子育てに困るお母さんや保護者・不安な妊婦さんをサポートします!

月齢8ヶ月の赤ちゃんの特徴・育児・成長

目次

生後8ヶ月というと、わんぱくな赤ちゃんに悩まされるころでしょうか!?
ハイハイで家の中を走り回る赤ちゃんでてんやわんやしてるお母さんの姿も想像がつきます。

生後8ヶ月は全身を使って赤ちゃんが動くようになり、一気に成長していくきっかけになるころです。
「自分」というものを認識するのもこの頃ですね。

それでは月齢8ヶ月の赤ちゃんを見ていきましょう。

  1. 月齢8ヶ月の赤ちゃん
  2. 月齢8ヶ月の赤ちゃんの成長
  3. 月齢8ヶ月の赤ちゃんの育児
  4. 生後8~9ヶ月で保護者がすること
  5. 生後8~9ヶ月の時期の行事

1.月齢8ヶ月の赤ちゃん

  • ハイハイができる赤ちゃんがでてきます。
  • パラシュート反射が出始めます。
  • 言葉が少しはっきりとしてきて、唇を合わせて出す音がきれいになります。
  • 離乳食は1日2回、1~3さじずつです。
  • 離乳食の固さは舌でつぶせる、豆腐ぐらいの固さにしましょう。
  • コップを使う練習を始めます。
  • 食事の量にかなり差がでてきます。
  • 9~10ヶ月健診の準備をします。

2.月齢8ヶ月の赤ちゃんの成長

身長・体重

月齢8~9ヶ月の平均身長・体重

男の子 女の子
身長 66.3cm~75.0cm 身長 64.4cm~73.2cm
体重 6,960g~10,140g 体重 6,530g~9,630g
(※平成22年度 厚生労働省 乳幼児身体発育調査より)

体の成長

生後8ヶ月を越えると、ハイハイができるようになってきます。
およそ月齢7~10ヶ月ぐらいでハイハイができるようになる赤ちゃんが多いですね。

パラシュート反射~いつから立てるの?

生後8~10ヶ月頃では「パラシュート反射」という反射がでるようになってきます。
パラシュート反射とは難しく言うと「両脇を抱えてた赤ちゃんを水平に支えた後に、急に手を離して前方に身体を落下させるときに、両腕を伸ばして手を開き身体を支えようとする反射」です。
つまり、倒れそうになった時に体を支えようとする反射がパラシュート反射ですね。
これも原始反射の一つで、パラシュート反射は大人になっても一生残ります。
お母さんも、コケそうになったら無意識に手で体を支えようとしますよね。その反射です。

パラシュート反射は赤ちゃんが立ち上がる前の前段階です。
こけそうになったときに無意識に手で支えようとしなければ、顔からコケたりしてしまいますものね。
最初のうちは床に座った状態から転びそうになったときに手が出るようになり、もう少し成長が進むと赤ちゃんを立たせたところからで離しても手を出すようになります。
パラシュート反射は成長の指標にもなりますのでいつから出るのかと心配になりますが、これは「反射」ですので、赤ちゃんを訓練してもパラシュート反射が出るようになるというものではありません
無理に立たせたりを繰り返すと、立つことを赤ちゃんが嫌がるようになってしまってむしろ成長が遅れたりするので要注意です。

詳しくは赤ちゃんの反射・原始反射のページを参考にして見てください。

ことばの発達~いつから理解し始める?

マ行などの、唇を合わせて出す音がきれいに出せるようになってきます。
これまでの鼻にかかったような発音が薄れてきて、じょじょに発音は大人に近づいてきます。

5~8ヶ月ごろでは言葉と動作をセットで覚える赤ちゃんも増えてきます。
例えば、お別れのときに毎回「ばいばい」と言って手を振っていると、お別れのときには「バイバイと言って手を振る」と覚え、真似するようになってきます。
言葉の意味を完全に理解しているわけではありませんが、赤ちゃんがコミュニケーションを取れるようになる第一歩ですね。

3.月齢8ヶ月の赤ちゃんの育児

ハイハイが始まってからの注意

ハイハイができるようになると赤ちゃんは家の中を自由に動き回れるようになります。
月齢7ヶ月の赤ちゃんについてのところでも書きましたが、赤ちゃんは何でも口にいれてしまうものです。
これまでは寝かせておいた周りにだけ注意しておけばよかったですが、生後8ヶ月頃からはそうはいきません。
年間で1,000人以上の赤ちゃんが誤飲が原因で救急搬送され、中には後遺症が残ったり死亡してしまう場合もあります。
飲み込みやすいもの、飲み込んだら危険なものとして、

  • 電池・ボタン電池
  • ヘアピン・針
  • お薬
  • 口に入る大きさのおもちゃ

などには特に注意が必要です。
かなり大きな物まで口にいれてしまうようで、トイレットペーパーのしんの部分を通る大きさの物は口に入れる危険性があります。
何かが起こってから後悔しても遅いですので、きちんと赤ちゃんに気をくばってあげましょう!

離乳食の進み具合(離乳中期)

生後8ヶ月頃になると赤ちゃんによっては離乳食を食べる量が増えてきて、1日の栄養の20~40%ぐらいを離乳食から取れるようになる子もいます。
離乳食の食べる量は赤ちゃんにもよりますし、その日にした運動の量によって同じ赤ちゃんでも全然違います。
1日1日の食べる量に一喜一憂せず、どっしりと構えておきたいですね。

離乳食の量が増えてきたら献立を考えていく必要があります。
量が増えて下痢もなく、離乳食に慣れてきているようでしたら卵や豆類などを始めてもいいかもしれません。
卵や豆類を与える上では注意が必要ですので、確認しておきましょう。

離乳食を置いておくと、そこに手を突っ込んでしまう赤ちゃんも出てきます。
これは赤ちゃんが食欲がある証ですので、手で持って食べられる離乳食をあげてみたり、空いている手にスプーンを持たせたりしてみましょう。
もちろん赤ちゃんに自分で食べさせると辺りにこぼしたりしてしまいますので、エプロンをかけたりテーブルにタオルをひいておくなど、こぼしてもいい準備もしておきましょう。
洗えるマットなどを下にしいておくのもいいかもしれません。

ピタッと吸着!何度も貼り直しできる♪「コンビネーションマット8枚組(日本製)」 ちょっとマットが欲しいところに便利! 汚れた所だけ外して洗える! 組み合わせ自由自在♪ (ブラウン/ベージュ各4枚ずつ ポリエステル製)


こんな形のコンビネーションマット(ジョイントマット)を使うと、汚れた部分だけ外して洗えるので便利です。

赤ちゃんが器用に手を使えるようになってきたら、生後8ヶ月ごろからコップを使う訓練を始めてみます
まだこぼさないように気をつけながら持ったり飲んだりすることはできませんので、コップの中に飲み物を少しだけ入れてだんだんと試していきます。
ストローマグを使っているようでしたら、フタをあけて下のマグから飲ませてみてもいいかもしれません。
普段飲んでいるマグを使ってトレーニングしたほうが、抵抗なくスッと身に付くことが多いです。

あまりに嫌がるときや、どうしてもコップをかじったりするだけで飲まないようなら、しばらく期間をあけて再チャレンジしてみましょう。

4.生後8~9ヶ月で保護者がすること

そろそろ9~10ヶ月健診の準備をしましょう。
9~10ヶ月健診はかかりつけの小児科などで受診することになります。

赤ちゃんがどこまで成長しているかを見る健診ですので、何をいつできるようになったか、などを母子手帳にメモしていけばいいでしょう。

関連記事

おすすめ記事

  1. 予防接種