子育てに困るお母さんや保護者・不安な妊婦さんをサポートします!

月齢10ヶ月の赤ちゃんの特徴・育児・成長

目次

  1. 月齢10ヶ月の赤ちゃん
  2. 月齢10ヶ月の赤ちゃんの成長
  3. 月齢10ヶ月の赤ちゃんの育児
  4. 生後10~11ヶ月で保護者がすること
  5. 生後10~11ヶ月の時期の行事

1.月齢10ヶ月の赤ちゃん

  • つかまり立ちから、つたい歩きへと進んでいきます。
  • 誤飲や転倒のリスクに気をつけましょう。
  • 後追いが続いています。
  • 離乳食の増量に合わせて母乳やミルクを減らしていきます。
  • 離乳食の内容や進行度合いによっては鉄が不足しがちになります。
  • 離乳食の栄養バランスに気をつけましょう。
  • 歯みがきを自分ですることに慣れさせていきます。
  • 赤ちゃんを外遊びや外界などで遊ばせるようにしましょう。

2.月齢10ヶ月の赤ちゃんの成長

身長・体重

月齢10~11ヶ月の平均身長・体重

男の子 女の子
身長 68.4cm~77.4cm 身長 66.5cm~75.6cm
体重 7,340g~10,590g 体重 6,860g~10,060g
(※平成22年度 厚生労働省 乳幼児身体発育調査より)

運動の成長

つかまり立ちができるようになってしばらくすると、「伝い歩き」ができるようになってくる赤ちゃんもいます。
机やイスにつかまりながら周りを一周したり、ソファーに沿って歩いたりする赤ちゃんを見ていると、ずいぶん成長したものだと思われると思います。

つたい歩きができるようになると、赤ちゃんは手押し車を使って歩けるようになります。
あまり軽いものや不安定な手押し車を使うと、手押し車が滑ってしまって赤ちゃんがコケてしまったりする危険があります

アンパンマン NEW メロディアンパンマンカー

新品価格
¥3,780から
(2014/7/10 09:35時点)


下のところが大きくて安定している、上のような形のものが良いでしょう。

押す以外にも乗って遊べたり、音楽が出る手押し車が色々な遊び方ができてオススメです。
楽しみながら歩いていると、どんどんと勝手につたい歩きが上手くなります。
赤ちゃんが触っているうちに壊してしまったりもよくあるので、余り高い押し車は要らないと思います。

ことばの成長

生後10ヶ月ごろから、意味の無い喃語の量が減り、何か意思を持った言葉を出すようになってきます
これまでは「機嫌がいいから喃語を口に出す」などで言葉そのものに意思はありませんでしたが、
お腹が減った時に食べものを指差して「あ」「あ」などと言って、食事を欲しがったりするようになるのです。

すなわち、まだ単語としてしっかり喋れているわけではありませんが、生後10ヶ月頃からはコミュニケーションの道具として言葉を使えるようになってくるのですね。
単語(一語文)が話せるようになる目安は1歳~1歳6ヶ月といわれていますので、きちんとした単語を話せるまでもう一息です。

3.月齢10ヶ月の赤ちゃんの育児

離乳食の進行具合(離乳後期)

基本的には月齢9ヶ月と同じ形で引き続き離乳食を続けていきます。
まだ離乳を終えるには早いですので、焦ってはいけません。

生後9~12ヶ月の頃は、鉄が不足しやすい時期です。
特に、「まだ母乳栄養の割合が多かったりで離乳が進んでいない」「離乳食の偏食が激しい」などの場合は要注意です。
鉄が不足していても赤ちゃんの症状としては現れにくく、お母さんでも変化が分からないことがあります。
鉄の摂取不足がないか、しっかりと考えて見ましょう。

赤ちゃんの外遊び

生後9~11ヶ月にもなるとだいぶ体が大きくなってきますので、赤ちゃんを外遊びに連れていくようにしましょう
外に連れて行くわけですのでもちろんウイルスは家より多いですし、風邪にかかってしまうこともあります。
しかし、心配のあまり家から連れ出さないでいると体が弱い子になってしまいます
何度か言ったように、赤ちゃんの免疫力はウイルスに触れたり風邪を引いていく中で身につけるものなので、外の環境に触れさせていくことも大切です。
もちろん風邪を引いたりしているときは赤ちゃんを無理に連れ出さないで、看病してあげてくださいね。

遊ばせる場所としては、
外では公園の砂場や芝生の広場、
室内では児童館や支援センター、プレイルームのあるショッピングモールや百貨店などがあります。
出かけることでお母さんも家にこもりっきりにならず、気分転換できるのでオススメです。
家の周りでママ友を見つけていくのもいいかもしれませんね。
外で遊ばせる時にはボールなど家の中では使わせずらいおもちゃを持っていくのもいいでしょう。

遊ばせ終わったら、外でついた泥などは家にウイルスなどを持ち込まないようにしっかりと洗ってやります。
外で遊ばせている時は神経質にならなくてもいいですが、家の中は安心できるようにしておきましょう。

4.生後10~11ヶ月で保護者がすること

まだ9~10ヶ月健診を受けていないようでしたら、受診しにいきましょう。
成長や発達が遅れている運動や動作などがあれば、遅れている部分をお母さんが訓練してやることも必要になってきます。

関連記事

おすすめ記事

  1. 予防接種